妊娠中は注意したい禁忌(きんき)生薬と漢方薬一覧

便秘薬

漢方薬は、副作用がない安心安全と思われていますが薬には違いありません。妊娠初期は、胎児の主要器官が作られるときなので慎重に服用してください。妊娠悪阻の段階で漢方薬を処方する病院もあります。とくに用いられるのは、小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯、六君子湯、五苓散など有効です。嘔吐の状態によっても処方される漢方薬は、変わりますし妊婦さんの体調を診ながら変えていくのが一般的です。

妊娠中注意したい生薬や漢方薬をまとめました。

便秘薬

紅花(こうか)(べにばな) 通導散(つうどうさん)
牛膝(ごしつ) 大防風湯(だいぼうふううとう)牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)疎経活血湯(そけいかっけつとう)疎経活血湯(そけいかっけつとう)
大黄(だいおう)  乙字湯(おつじとう) 通導散(つうどうさん)女神散(にょしんさん)麻子仁丸(ましにんがん)潤腸湯(じゅんちょうとう)三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう) 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)大承気湯(だいじょうきとう) 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう) 大柴胡湯(だいさいことう)桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
桃仁(とうにん) 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん) 潤腸湯(じゅんちょうとう)疎経活血湯(そけいかっけつとう)大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
附子(ぶし)  桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう) 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)八味地黄丸(はちみじおうがん)
芒硝(ぼうしょう) 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
牡丹皮(ぼたんぴ) 八味地黄丸(はちみじおうがん) 大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう) 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)加味逍遙散(かみしょうようさん) 温経湯(うんけいとう)六味丸(ろくみがん)桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)

妊婦さんにとって安心安全な安胎薬

人参(にんじん)艾葉(がいよう)香附子(こうぶし)木香(もっこう) 黄耆(おうぎ)杜仲(とちゅう)白朮(びゃくじゅつ)冬虫夏草(とうちゅうかそう・ふゆむしなつくさ)陳皮(ちんぴ)蘇葉(そよう)黄芩(おうごん)秦九

妊娠中注意したい慎用薬

乾姜あ(かんきょう)枳実(きじつ)牛膝(ごしつ)呉茱萸(ごしゅゆ)五味子(ごみし)紅花(こうか)厚朴(こうぼく)酸棗仁(さんそうにん)辛夷(こぶし)大黄(だいおう)天南星(てんなんしょう)桃仁(とうにん)薄荷(はっか)半夏(はんげ)檳榔子(びんろうじ)附子(ぶし)芒硝(ぼうしょう)蒲黄(がま・ほおう)牡丹皮(ぼたんぴ)麻子仁(ましにん)益母草(やくもそう)薏苡仁(よくいにん)

妊婦時飲んだらいけない禁忌薬

峻下遂水薬 巴豆(はず)甘遂(かんずい)商陸(しょうりく)

妊活中も妊娠中も授乳に影響する産後も飲み薬や自分が食べるもの飲むものに意識を向けなければいけないんですね。将来生まれてくる赤ちゃんが健康な体で生まれてくるために気をつけたいですね。

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://www.tuwari.net/osiete/kinki/trackback

PAGE TOP