つわりに効く漢方薬と赤ちゃんへの影響

薬剤師

妊娠悪阻(にんしんおそ)は、ひどくなると水すら飲めなくなります。吐き気や嘔吐の原因は、ビタミン群が不足や妊娠で女性ホルモンの変化に母胎が適応できないためといわれています。薬の影響が気になる妊娠初期は、副作用の少ない漢方薬で体調を整える悪阻を緩和させる妊婦さんもいます。産婦人科の先生に相談されると安心ですが、漢方そのものは、体質によって合う合わないがあるので効果は期待しない方がいいかもしれません。

私も妊娠中漢方薬を処方されましたが、袋をあけたときの独特の匂いと飲みにくい顆粒には、苦戦しました。私が処方されたのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や五苓散(ごれいさん)女神散(にょしんさん)などです。でも1人目のときは、どれを飲んでも効き目がなかったようで吐き気も気持ち悪さも解消できませんでした。

病院で処方される漢方薬メーカーは、クラシエ・ツムラなど。ドラッグストアの漢方薬は、病院で処方されるものより効果が緩いといわれています。一般的に漢方は副作用がなくて安全と思われていますが妊娠中は、主治医に相談されたほうが安心です。

薬剤師

悪阻や妊娠中に効く漢方薬

  • 小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)「つわり」「嘔吐」「悪心」
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)「はきけ」「つわり」「不安神経症」、「神経性胃炎」
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)「みぞおちのあたりのつかえ」「はきけ」「食欲低下」
  • 柴苓湯(さいれいとう)「妊娠高血圧症候群」「下腿浮腫」「むくみ」「不育症(習慣性流産)」
  • 五苓散(ごれいさん)「妊娠高血圧症候群」「下腿浮腫」「むくみ」
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)「切迫流産」「妊娠高血圧症候群」「下腿浮腫」「むくみ」「不育症(習慣性流産)」
  • 防已黄耆湯「妊娠高血圧症候群」「下腿浮腫」「むくみ」
  • 芎帰膠艾湯「切迫流産」
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯「切迫流産」
  • 女神散(にょしんさん)「自律神経失調」「産後うつ」「マタニテイブルー」
  • 葛根湯(かっこんとう)「乳汁うっ滞」「乳腺炎」

私の場合、一人目のときが特にひどくて1日に5~6回も吐き身も心もボロボロになっていました。漢方薬は、どれも効いたような効かないようなかんじです。薬草っぽい 匂いが苦手で舌に残る独特の味もNGでした。つわりが酷いときは、漢方を飲んだ先からむせて吐いていました。妊娠うつ?マタニテイブルーっぽくて出産するまで寝たきり生活。毎日体調が悪いと精神状態も悪化します。頼みの綱だった漢方薬も袋を見ただけで気持ち悪くなるぐらいトラウマになっていました。

赤ちゃんへの影響は、大丈夫?

赤ちゃん

一般的に病院で処方される漢方薬は、赤ちゃんへの影響もないと考えて大丈夫です。産婦人科では、胎児が奇形につながるような薬は処方されませんのでご安心ください。私が通院していた病院では、漢方は保険適用でした。効き目や効果には、個人差がありますが私の場合・・点滴も効かないし漢方も効かない妊婦さんも少なくないみたいです

漢方での副作用が心配

当帰芍薬散は、副作用の報告が少ないようですが効果のあるなしは個人差があります。漢方薬は、副作用がなく安心安全のイメージがありますが服用は主治医に相談されて体調を見ながら飲むようにしてください。50年前妊婦にも子供にも安全といわれ販売されていたサリドマイド。日本では、睡眠薬の「イソミン」胃腸薬「プロバンM」として発売されました。妊婦が服用すると先天性欠損症の(無耳症・小耳症・無肢症・肩から手が出ているフォコメリア手足に奇形がある)赤ちゃんが生まれるという事例が起こりのちに販売中止になりました。2008年に多発性骨髄腫の薬として再承認されていますが、サリドマイドは精液(および精子)に移行するため男性が服用する場合も避妊などの措置が必要です。

漢方は、つわりに効く?効かない?

看護師さんいわく漢方薬でも「湯」と名前がつくものは、白湯で飲むと良いとのことでした吐き気が強いときは、冷水で少しずつ服用します。
<h6ビタミン剤(ビタミンB6)サプリが効いた</h6>

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://www.tuwari.net/taisyo/kanpouyaku/trackback

PAGE TOP